My Favorite Things

頭の中、あっちゃこっちゃしているのが、人間らしいでしょう?

【℃-ute】はじめてのチケット争奪戦【SSA】

ちゃおです!
今日は何の日、℃-uteさいたまスーパーアリーナ(SSA)解散コンサートチケット発売日、です。
というより、「でした」ですね。

 

はい。
ということで、今日は記憶が残っているうちにチケット争奪戦について書きます。
この先チケットを買いたいと思った人が争奪戦を上手く立ち回れるように、この記事を参考にしていただけたらな、と思います。

 

 

① チケット販売サイトに登録する
皆さんご存知とは思いますが、チケットを買いたいと思ったら、チケット販売サイトに登録する必要があります。
下3つサイトを挙げます。
ⅰ) e+        http://eplus.jp/sys/main.jsp
ⅱ) チケットぴあ   http://t.pia.jp/
ⅲ) ローチケHMV     http://l-tike.com/

環花那は「e+」と「チケットぴあ」に登録しています。
複数登録しておく必要はありませんが、公演によって販売しているサイトが異なる場合があるので、自分に合ったサイトに登録してください。

 

 

② 先行販売を使う

どうしても行きたい公演は、先行販売を利用すると良いと思います。
上に挙げたサイトなどのプレリザーブとかいうやつです。

プレリザーブは抽選制なので、受付開始時間すぐでなくても、受付期間内なら申し込めます。
だいたい1週間くらいは期間が設けられている気がするので、あわてずに申し込むことができます。

ただし、プレリザーブは一般販売よりも座席が悪いという風潮があるので、一般販売で買える自信がない時、とりあえずチケットを取って安心したい時、予定を確定しておきたい時などに申し込むのが良いと思います。

また、プレリザーブで当選した場合、チケットは必ず買わなければなりません。
そういう決まりなんです。まあ、払込期日をすっぽかすこともできますが…
プレリザーブのチケットは、一般販売より500円くらい手数料が高くなるので、少しでも出費を抑えたい方には向いていません。

 

 

③ 一般販売にかける!

いよいよ大詰めです。一般販売という名の戦争…
人気公演は瞬殺なので、受け付け開始前からスタンバってください。ここが勝負時ですよ!
大事な部分なので、コマ切れに説明します。

 

ⅰ) 一般販売開始前に座席種を決める。

なぜなら、絶対テンパるから。

ハロプロに限っては、普通のホールだったら、一般(公演中立てる)とファミリー(ずっと座り)の2つだけです。
しかし今回の℃-uteSSA公演は、アリーナモードということもあり、一般販売ではステージサイド(ステージ横の見づらい席)も売られていました。
見づらいところなので、ステージサイドは一般席に比べて1000円くらい安い値段でした。

初見で何種類かの座席種が現れたら、きっとテンパってしまってチャンスを逃しかねません。
環花那も、待ちきれずに一般販売詳細やSSAの座席について調べていたので、ギリギリで「どれがなんだ!?」というテンパりを回避できました。

 

ⅱ) 一般販売開始前にチケット販売サイトを開いておく。

これ大事。
みんな販売開始と同時に購入ページにアクセスするからね。
購入ページの一歩手前にアクセスしておいて、開始と同時に購入ページへ行けるようにしておきます。
もし、複数のサイトのアカウントを持っていたら、サイトの数だけやっておきましょう!
ログインできたらしておくのも安心できるコツだと思います。
ログインは、購入ページに行かないとできないものもあるので、手元にはログインIDやパスワードを用意しておくと安心です。

今回は10時販売スタート。
9:50にはサイトを開いて、ドッキドッキの時間を過ごしていました。

 

ⅲ) 販売開始時間になったら意地でアクセスする。

殺到します。
めっちゃくっちゃアクセス制限食らいます。
なので、がんばってページ更新を繰り返してアクセスします。
正直、運です。

今回の環花那に限って言えば、「チケットぴあ」は全然つながりませんでした。
「e+」の方がつながりました。サーバーの強度の問題だと勝手に思っていますが、環花那の感覚からして、「e+」の方がサーバーへの負荷に強いと思う。

 

ⅳ) あきらめない!あきらめたら、そこで試合終了なんです!!!

環花那もあきらめた。一度あきらめたんです。
「e+」に10:03くらいに初めてつながって、チケットのところをみたら全部「×」。
℃-ute解散だもん、瞬殺に決まってる…手も足も出なかった…と。
「e+」がダメなら、「チケットぴあ」だ!と、「チケットぴあ」を更新し続けるもアクセスできず…。

それでもどうしても、どうしても諦められなくて、「e+」にアクセスを試みて10分くらい。
アクセスできたと同時に目に飛び込んできた「受付状況」の「受付期間中」の文字(画像参照。「予定枚数終了」だともう買えない)f:id:wakana63:20170513162621p:plain出展:http://eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002017715P0050001P006001P0030218(この部分の吹き出しは環花那が付け足したよ)

これはいけるのでは!?と「次へ」をクリックしたら、奇跡的に販売ページにアクセスできたんです!!!
めっちゃんこドキドキしながら、座席種を選び、ログインしようとしたら、、、

突然のアクセス制限。

あともうちょっとだったのに!がんばれPC!がんばってくれ、頼む…!!!という気持ちで「F5キー→Y」連打(ページ更新のショートカットキーです)
フォームになにかしら入力した状態でページ更新すると、え?入力してあるのに更新?まじで?ってPCが警告を出してくるので、ええんじゃー!!(Yes)という「Y」キーも欠かせないのです。

そして、またまた奇跡的にアクセスすることに成功。

そういえば、「e+」って座席種選ぶとページ更新されるんでしたね。今思い出した。
座席種は選び終わっていたので、枚数とログインを済ませ、購入をドン!

ここはスムーズにいきました。
そのまま購入確認ページへ。

普段なら、確定すると後戻りできないというプレッシャーから、結構迷ってしまうのですが、今回ばかりはそうはいきません。
せっかくのチャンス、無駄にしたら全私が号泣ものです。
悔やんでも悔やみきれない。

予約確定を押して、完了。

「e+」から予約確定メールを受け取り、一安心。10:17でした。

長々と書いてしまいましたが、あきらめなければチケット買えるかもしれないのです!
殺到する分、何かの拍子に買えなくなっちゃうかもしれないし、買えるチャンスが来るかもしれないのです。
「あきらめたら、そこで試合終了ですよ」って安西先生も言ってます。
ほんの少しだけでも、ちょこっと粘ってみると良いと思います。
環花那のように奇跡が起きるかもしれません。

 

とは言えね、この争奪戦、転売がなかったら緩和するはずなんですよ。
お金儲けとか市場原理とか説明がつかないわけではないけれど、それで良いのか、おまいさんたちは、と思うわけです。
どうしても行きたいから転売されたものを買っちゃう気持ちもわかる。
やっぱり、事務所が対策をしたり、法政で対策をしたりしてほしい。
転売されたチケットで入場できないっていうのは、転売している人たちの得にしかなってないもの。
チケット、絶対買ってね方式じゃなくて、2週間前までは払い戻し可とかにしてリセールするとか。それより前に転売しているものは儲け目的として通報とか。良席だと余計に高騰しちゃうかな。わかんない。でも、対策しなきゃいけないのは明確だし、行きたいファンが割を食うのは明らかに不良システムだと思う。

てね、最後の方、お目汚し失礼しました。
転売目的でチケット取った/取ろうとした人たちがいなかったら、もっと、行きたい!て人がチケット取れたのにって思うとやるせない。
この先、良い方向に変わって、みんなが幸せになれるシステムできるといいな。

 

てなことで、今日はここまで!

 

【うぃん】紹介じゃぱん【おるたなChannel】

ちゃおです!
今日はね、タイトル通り、環花那がちょっと前からはまっているYouTube〈おるたなChannel〉についてお話ししようと思います。

 

 

おるたなChannel

出展:https://twitter.com/torokeroo/status/860809221759057920/photo/1 (ないとーさんTwitter)

左:ないとー さん、右:渋谷ジャパン さんのお二人のYouTubeチャンネルです。
細かいですが、普段の動画内の立ち位置(文字通り)は、左右が逆です。
UUUMというYouTuber専門の事務所に所属されています。

環花那の印象から、お二人の魅力を少しばかし。

ないとーさんは、なんといっても「やかましさ」!
渋谷ジャパンさんに「やかましいな」と突っ込まれることが多々あるのですが、環花那はその時々が好きです。
急な青春漫画っぽい台詞回し(イケてるボイス)、引きでのカメラに向けた変顔などです。特に、変顔の方、編集で効果音がついていて、おもしろいです。

渋谷ジャパンさんは、「○○ジャパンです」って両目の前に何かを持ってくるポーズが面白いです。いつもツッコミな渋谷ジャパンさんがボケるっていうが楽しいです。お茶目ジャパンさんです。

お二人は大学時代のサークル仲間だそうですが、動画内のかけあいが面白癒されます。
面白癒され具合は、まるでロザンのよう!
動画を観ていると、仲の良さが伝わってきます。

おるたなChannelは、基本的にシリーズ企画になっています。
毎日動画を投稿されているので、シリーズ企画になっていったのだと思います。
中でも環花那のお気に入りは、「脱出ゲーム」と「日常の効果音」(もしもシリーズの一部)と「ガチャ&自販機」シリーズです。

脱出ゲームシリーズ

www.youtube.com

ないとーさんがリアル脱出ゲームみたいなことをやる企画。
渋谷ジャパンさんは出題者です。
なかなか手の込んだ謎解きで、難易度ちょい高めな気がする。

 

もしもシリーズ

www.youtube.com

もしもシリーズの中の、「もしも日常の効果音がすべて間違っていたら」というのが面白い!!!
ないとーさんの顔芸にも注目です。やかましいです。笑

 

ガチャ&自販機シリーズ

www.youtube.com

ガチャや自販機がお家にあると楽しそうだなって思う企画です。
LUSHのバスボムとか夢のあるガチャ企画もあれば、百味ビーンズのような地獄のガチャ企画もあって、ガチャの汎用性の高さが伺えます。
自販機って自宅用のちっちゃいのがあるの、知っていましたか!?環花那は知りませんでした!笑

他にも、たくさんの企画やおもしろい動画があるので、ぜひご覧ください!
ついつい時間を忘れて観てしまいますよ(`・ω・´)

それでは~、今日はおるたなーまで!
以下、要☆ちぇっくじゃぱんです。シャキーン

おるたなChannel

 

Twitter
ないとーさん:ないとー【おるたな】 (@torokeroo) | Twitter
渋谷ジャパンさん:渋谷ジャパン【おるたな】 (@udegejapan) | Twitter

プロフィール
おるたなChannel - UUUM(ウーム)

Happy Birthday うじやん! でした。

4月20日。
ロザン宇治原史規さんのお誕生日。

環花那としたことが、すっかりかりかり忘れていたよ。
といっても、特に特別な何かをするわけではなくて…
でも、忘れていた自分が恥ずかしい。
まあ、誕生日覚えている好きな芸能人の方ってそういないんだけどね。
ハロプロ界隈も全然知らないしね。バースデーイベントの月だけわかる、みたいな。

 

なので?
今日は、ロザン宇治原さんについて語ろうと思います。笑

タイトルにもある通り、あと環花那twitterもそうだけど、環花那は宇治原さんのことを「うじやん」と勝手に呼んでいます。
「うーちゃん」もかわいいけれど、口からぽろっと出ちゃうのは「うじやん」なんです。
でもね、「うじやん」はお調子者の側面がばりばり出ている呼び方なので、ちゃんとしたところ?は、「宇治原さん」のがしっくりきます。
要は、語感の問題。

環花那は、宇治原さんの手の所作が好きです。
なんであんなに美しく見えるのか、上品に見えるのか、とっても不思議なんですが、宇治原さんの手が好き。
指が長いからなのかな?手が大きいからなのかな?うらやましい。
あんな手していたら、ピアノもきれいに弾けそうだし、バイオリンもかっこよく弾けそう。すっごくうらやましい。

そんな宇治原さんだからなのか、手から溢れだす上品オーラが半端ないです。
ただ足に手を置いているだけでも、ただ手を合わせているだけでも、ただ手を組んでいるだけでも、とってもきれいに見えるのです!
すごくない?

もっと宇治原さんの手について語りたいけど、これ以上は本当に洒落にならないくらい環花那がド&へん〇いになってしまうからね、この辺にしておきます。。。
本当にね、洒落にならないくらいマシンガントークかましちゃうからね、自重する。

 

他にも好きなところはたくさんあります!環花那の主観だけどね。本当の宇治原さんは違うかも。でも、環花那はこんな印象持っていますってこと。
賢(カシコ)なところ。
ああみえて茶髪時代があるところ。
実はいじられキャラなところ。
ええかっこしいのくせに詰めが甘いところ。
周りから愛されていそうなところ。
実は結構なポンコツなところ。そんなところもかわいい。
菅ちゃんとのバランス感覚。
お笑い偏差値0と言われているけれど、無茶ぶりされると輝くところ。

ギャップが魅力かな。
しっかりしてそうに見えて、実際しっかりもしているけれど、抜けているところはとことん抜けてるみたいな。
しっかりしてなきゃ思われている割に、お茶らけているときが抜群にかわいいとか。
あ~~~、好きだなぁ。

この好き感、映画とかマンガとかゲームのキャラが好きと同じかんじ。
ロザンのトークや単独ライブに行ったことあるけど、やっぱり実在している感覚ではないな。

今日は夢見心地までってかんじ?
うじやん、41歳、おめでとうです!
41歳も、素敵に楽しく幸せなロザンでありますように。