My Favorite Things

頭の中、あっちゃこっちゃしているのが、人間らしいでしょう?

Happy Birthday うじやん! でした。

4月20日。
ロザン宇治原史規さんのお誕生日。

環花那としたことが、すっかりかりかり忘れていたよ。
といっても、特に特別な何かをするわけではなくて…
でも、忘れていた自分が恥ずかしい。
まあ、誕生日覚えている好きな芸能人の方ってそういないんだけどね。
ハロプロ界隈も全然知らないしね。バースデーイベントの月だけわかる、みたいな。

 

なので?
今日は、ロザン宇治原さんについて語ろうと思います。笑

タイトルにもある通り、あと環花那twitterもそうだけど、環花那は宇治原さんのことを「うじやん」と勝手に呼んでいます。
「うーちゃん」もかわいいけれど、口からぽろっと出ちゃうのは「うじやん」なんです。
でもね、「うじやん」はお調子者の側面がばりばり出ている呼び方なので、ちゃんとしたところ?は、「宇治原さん」のがしっくりきます。
要は、語感の問題。

環花那は、宇治原さんの手の所作が好きです。
なんであんなに美しく見えるのか、上品に見えるのか、とっても不思議なんですが、宇治原さんの手が好き。
指が長いからなのかな?手が大きいからなのかな?うらやましい。
あんな手していたら、ピアノもきれいに弾けそうだし、バイオリンもかっこよく弾けそう。すっごくうらやましい。

そんな宇治原さんだからなのか、手から溢れだす上品オーラが半端ないです。
ただ足に手を置いているだけでも、ただ手を合わせているだけでも、ただ手を組んでいるだけでも、とってもきれいに見えるのです!
すごくない?

もっと宇治原さんの手について語りたいけど、これ以上は本当に洒落にならないくらい環花那がド&へん〇いになってしまうからね、この辺にしておきます。。。
本当にね、洒落にならないくらいマシンガントークかましちゃうからね、自重する。

 

他にも好きなところはたくさんあります!環花那の主観だけどね。本当の宇治原さんは違うかも。でも、環花那はこんな印象持っていますってこと。
賢(カシコ)なところ。
ああみえて茶髪時代があるところ。
実はいじられキャラなところ。
ええかっこしいのくせに詰めが甘いところ。
周りから愛されていそうなところ。
実は結構なポンコツなところ。そんなところもかわいい。
菅ちゃんとのバランス感覚。
お笑い偏差値0と言われているけれど、無茶ぶりされると輝くところ。

ギャップが魅力かな。
しっかりしてそうに見えて、実際しっかりもしているけれど、抜けているところはとことん抜けてるみたいな。
しっかりしてなきゃ思われている割に、お茶らけているときが抜群にかわいいとか。
あ~~~、好きだなぁ。

この好き感、映画とかマンガとかゲームのキャラが好きと同じかんじ。
ロザンのトークや単独ライブに行ったことあるけど、やっぱり実在している感覚ではないな。

今日は夢見心地までってかんじ?
うじやん、41歳、おめでとうです!
41歳も、素敵に楽しく幸せなロザンでありますように。